国産紅茶(和紅茶)飲み比べ

0

     

    2016年産の二つの国産紅茶を飲み比べてみました。

    熊本県水俣の「天の紅茶」と同じく九州の宮崎県五ケ瀬町の

    「みやざき 有機紅茶」です。

     

    「天の紅茶」の茶葉は黒っぽくてブロークン

     

    「みやざき紅茶」は灰色がかった薄緑色でノーカット

     

    茶葉から想像できるように、右側の少し水色の薄いほうが

    「みやざき紅茶」です。

     

    同じ国産紅茶と言っても味、香りとも全然違いました。

    「天の紅茶」はパッケージに書かれている「急須でどうぞ」

    の言葉通り急須で淹れてみました。

    確かにまるでほうじ茶のような香ばしい香りと味わいがあり

    急須が似合っています。

    「みやざき紅茶」のほうはわずかにスモーキーな香りがあり

    飲んだ後に舌にとろみを感じました。

     

    どちらにも共通して言えるのは、渋みがほとんどないこと、

    やさしい甘みとやわらかい味です。

    「国産紅茶」と言うより「和紅茶」という言葉を使うほうが

    イメージがわきやすいししっくりする気がします。

     

    紅茶の勉強を始めて知ったのは、日本の紅茶には長い歴史が

    あったということです。(約140年)

    国策や戦争に翻弄された国産紅茶ですが、近年は地産地消や

    無農薬有機栽培の安心安全指向の流れの中で生産量は年々

    伸びているようです。

     

     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.12.16 Saturday
      • -
      • 22:18
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      profile



      家族、友人と飲む紅茶に癒されながら、北海道の片田舎で暮らしてます
              

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      links

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM
             

      PR